長持ちする治療-コンセプト

歯は老化では無くなりません。日本は世界的に長寿国でありますが、口腔内の状態は先進国の中ではあまり進んでいるとは言えません。・・・何故でしょうか。


2年間で撤去・脱離した修復物
歯を失う原因のほとんどは虫歯と歯周病です。これらの病気は口の中に細菌が増殖することによって起こりますが、ただ細菌が増殖しても自覚症状は起こりません。その状態で放置された結果、病気が起こり患者さまに自覚症状が起き、始めて歯科医院を受診される方が多いのです。

このように日本には病気を未然に防ぐ予防・定期健診の考えがほとんどないため、原因を除去せず悪くなったら治すことを繰り返した結果、限りのある歯は再治療を繰り返し、人生の寿命を待たずして歯科医院で抜歯されてしまうのです。

長持ちするためには

1.土台が大切


分かりやすく歯を家にたとえてご説明します。家は基礎(土台)がとても大切で、砂の上に家を建ててもすぐに倒れてしまうでしょう。口の中で基礎(土台)の部分にあたるのが歯槽骨、歯肉です。ここをしっかりさせることが大切なのです。
歯槽骨、歯肉を壊していく病気が皆さんご存じの歯周病です。よってまずは歯周病を徹底的にコントロールすることが非常に重要になります。


2.むし歯になってしまったところを隙間無く埋め、細菌が付着しないようにする


むし歯になってしまった場合は治療をしなければなりません。しかし、皆さんが通常受けられる保険診療の治療には限界があるのです。
一般的な治療ではつめ物と歯の間に目には見えないくらいの小さな隙間が生じます。目に見えない隙間でも細菌が入り込むには十分な大きさです。隙間に入り込んだ細菌はむし歯の再発の元となります。そこでその隙間を限りなく失くす治療をする必要があるのです。隙間に入った細菌は除去することができません。

一度むし歯になってしまったところを天然の歯のように修復することは実はとても難しく、精度の低い治療を行ってしまうと再びむし歯になるリスクが高くなってしまいます。このようなことがおきないようにするためには精度の高いつめ物・かぶせ物を装着する必要があり、このため治療では拡大した視野にて精度の高い形成・かたどりを時間をかけて行い、レベルの高い技工士に製作してもらい高品質の材料にて装着する必要があります。


3.定期健診

歯を長持ちさせるためには定期健診もとても大切なことです。
現在歯を磨かない人はほとんどいないでしょう。しかしむし歯も歯周病もなくなることはありません。これは「磨いている」のと「磨けている」のでは違うからなのです。実際自分の口の中がどのような状態になっているのかを知るためには歯科医院でのチェックが必要になります。そして、磨き残しがあればそれを歯科医院にて定期的にクリーニングしてもらい、細菌の増殖を抑えることが病気にならないようにするためにとても重要なのです。

口の中は細菌がゼロになることはあり得ません。細菌を増殖させるとさまざまな病気を引き起こします。細菌を増殖させないようにするために患者さまとスタッフが協力して防ぐことが大切になります。人それぞれ口の中の環境は異なるため、自分の口の中の状態を正確に知っていただき、歯科医院で自分にあったプラークコントロールを教えてもらって、専門的なクリーニングを定期的に受けていただくことが大切です。

高度な治療技術の提供

病気の再発・進行を防ぎ、長持ちする歯を作るためには高度な治療技術が必要になります。

当クリニックでは、さまざまな治療技術の質を高め、レベルの高い治療を患者さまにご提供できるように「JIADS」の研修会や各種学会に毎月数回参加し最新の知識と技術の研鑽に努めています。

所属団体:JIADS

JIADSは、米国・ボストンのIADSの姉妹組織として設立・運営されている卒後研修団体です。
ぺリオ、補綴、インプラント等のスペシャリストを目指す歯科医師に各種研修を実施し、臨床研究と教育の発展を目指している組織です。

>>詳しくはJIADSの公式ホームページへ

所属学会:

・日本臨床歯周病学会
・日本口腔インプラント学会
・Osseointegration stydy club of Japan 正会員
・JIADS東京
・日本顕微鏡歯科学会
・AMED(ACADEMY OF MICROSCOPE ENHANCED DENTISTRY)
・日本歯内療法学会
・日本MEAW研究会

医師と患者さまの信頼関係

当クリニックでは、「インフォームドコンセント(説明と同意)」を非常に重要なものと考え、治療を行う前にカウンセリングの時間を設けさせていただいています。

患者さまのご希望と我々の専門的な見解を踏まえて、考えられるあらゆる治療法・期間・費用についてご説明し、患者さまがこれを理解し、納得されてから治療を開始させていただきます。

治療を開始してからも治療内容や検査結果についてその都度ご説明していきます。

院長ごあいさつ

FOR QUALITY OF LIFE
~きれいな歯で楽しい人生を~


望月デンタルクリニック
院長 望月 一彦
歯が痛くなったら歯科医院に行く、歯は悪くなったら治療すればいいと言う考え方が結局自分の歯を早く失うことになってしまいます。私たちが目指す歯科医療は皆さんの歯が生涯健康であり続けることです。自然で健康な歯が限りなく長く機能し続けるよう病気を未然に防ぎ「予防」することが目標、歯は老化では無くなりません。
「予防」の第一歩はまず「原因」を知っていただくことです。お口の中に起こる病気の原因は大きく分けて2つあります。1つは「細菌(プラーク)の増殖」2つめは「かみ合わせの不良」です。これらが複合しあって病気が起こるのです。人それぞれお口の中の環境は異なるため、病気にかかりやすい人、かかりにくい人がいますが、これを知るため科学的に検査をさせていただき、現在どのような状態になっているか、今後の見通しはどうかなどをわかりやすく説明させていただきます。そしてあなただけの治療・予防プログラムにそって実践すれば生涯を通して自分の歯を守ることは可能です。私たちと協力して、ご自分の歯を失わないように頑張りましょう。医療は日進月歩の世界ですので当院でもスタッフ一同常に学び続け、患者さまに正しい情報と質の高い治療技術を提供していきたいと考えております。
人生80年時代、美味しく食べる楽しみをいつまでも味わい、笑って心身共に末永く健康でいましょう。すべてはあなたの笑顔のために!

院長経歴・プロフィール

1971年 長野県松本市出身
1996年 松本歯科大学卒業
1997年 松本市内の歯科医院にて勤務
1999年 塩尻市内の歯科医院にて勤務
2000年 浜松市の医療法人石川歯科にて勤務
2005年 望月デンタルクリニック開業

所属団体・所属学会

JIADS:
JIADSは、米国・ボストンのIADSの姉妹組織として設立・運営されている卒後研修団体です。
ぺリオ、補綴、インプラント等のスペシャリストを目指す歯科医師に各種研修を実施し、臨床研究と教育の発展を目指している組織です。

>>詳しくはJIADSの公式ホームページへ

所属学会:
・日本臨床歯周病学会
・日本口腔インプラント学会
・Osseointegration stydy club of Japan 正会員
・JIADS東京
・日本顕微鏡歯科学会 認定医
・AMED(ACADEMY OF MICROSCOPE ENHANCED DENTISTRY)
・日本歯内療法学会
・日本MEAW研究会
・アメリカ歯周病学会
・日本矯正歯科学会

掲載本

・2006年 4月発刊
Dental Implantology別冊
究極のインプラント治療への挑戦
「前歯単独インプラントについての考察」
クインテッセンス出版






・2005年 6月発刊
QDT別冊
インプラント上部構造の現在part4
-クラウン・ブリッジタイプを中心に‐
クインテッセンス出版株式会社-






・2006年 10月発刊
歯周病・インプラント 信頼できる歯科医院
幻冬舎

初めての方へ

はじめまして。望月デンタルクリニック院長の望月です。

当クリニックでは最新の医療設備と安心して治療・予防処置を受けていただける快適な空間を目指しています。歯の治療は私自身の経験でも決して心地の良いものではありませんでした。そのため当クリニックではできるだけ痛みを起こさずに快適に治療を受けていただけるよう様々な配慮を行っております。(詳しくはホームページの内容をご覧になってください)。

大学を卒業して11年、口腔内の健康維持のお手伝いをしてきましたが、歯がきれいであることは肉体的な健康だけでなく精神的にも自信を持って生きることができるため、非常に重要なことだと思われます。歯を早く失う人は痛くなったときだけ歯医者に通い、一度治療を行った歯を何度も再治療を繰り返すことによって限りのある歯の寿命をとても短くしてしまっているようです。歯の健康維持のためにはきちんと定期健診を行っていただければ痛い思いもせずに病気も未然に防ぐことができます。もし悪くしてしまったなら、可能な限り最小の侵襲で高い治療技術と高品質の材料を用いて、悪くなってしまった原因を取り除き、長持ちさせることが必要であると考えます。歯科治療も日進月歩で進化しています。患者さまのお口の中の様々な悩みにお答えできるように当クリニックでは常に最新の医療をご提供していきたいと思っております。

お気に入りのカフェやサロンで過ごすような快適な空間を目指しています。



「歯医者には行きたくない!」という気持ちを少しでも和らげていただくために、快適な空間づくりを目指しております。ホテルのロビーのような待合室、治療を受けていただくユニットにはテンピュールを使用しています。治療の最中もモニターでネイチャームービー(お子様にはアニメ)などをご覧いただけます。

患者さまの気持ちになって、治療室と予防ルームは広々とした半個室、手術室は完全個室型にしました。個室診療にすることで、患者さまのプライバシーを守ることができ、衛生面でも清潔に保つことができます。また、歯科医師側でも一人の患者さまに集中して治療に当たることができるため安全に的確な治療ができます。

セカンドオピニオンの実施

診療内容や治療方針について主治医以外の意見を聞くセカンドオピニオンも推奨しています。重大な決断が必要な時などに別の医師の意見を聞くことで、不安を無くし、納得して治療を受けていただくための方法です。患者さまが、主治医の考えや治療内容を十分理解し、主治医を信頼して治療を受けていただくことを目的としています。セカンドオピニオンをご希望された場合、診療情報提供資料や検査資料をご用意させていただきます。

ドクターと衛生士のスキルアップ

当クリニックでは、患者さまに常に最良・最善の治療を受けていただくために、ドクター及び衛生士は月に一度勉強会を設け、スキルアップに励んでいます。また、院外でも積極的に歯科医療の質の向上のために歯科医師向けセミナーに参加しております。この他にも、最新の医療を知るため、海外で行われているセミナーにも積極的に参加し、向上に努めています。

衛生管理と滅菌対策の徹底

患者さまを感染から守るために、治療室内の換気の徹底、ディスポーザブルグローブ、微粒子用マスク、また口腔内で使用する器具の徹底した消毒、滅菌を行っています。加えて、安全基準を守るため、スタッフミーティングを行い細心の注意を払っています。

最新機器と設備

質の高い治療を実現するため、痛みを少なくするための電動麻酔器など、最新の設備を導入しています。これにより、治療や診断の質を高めることができ、スタッフが持つ技術を最大限に発揮させることが出来ます。

電動麻酔器(超低速で麻酔を行う機械)

電動の麻酔注射器は、細い針を使用しているため、刺したときの痛みが非常に抑えられています。また、機械の圧力で麻酔液を注入するため、ゆっくりと痛くないように麻酔が注入できます。

顕微鏡検査

ビジュアル位相差顕微鏡
虫歯や歯周病の原因は口腔内の細菌です、実際に患者さまのお口の中からサンプリングした口腔内細菌が動いている様子を患者さま自身に観察していただき、何を除去するために毎日ブラッシングを行っているのか理解していただきたいと思います。

スプラソンP-MAX

歯石の除去にはとても熟練を要します。今までは手用スケーラーを用いて行ってきましたが、超音波振動の機械を用いることによって手用スケーラーでは届かない細部まで殺菌・消毒薬を注水しながらより確実な歯石除去が行えるようになりました。

炭酸ガスレーザー

・冷たいものでしみる歯(知覚過敏)
・歯周病による歯肉の腫れ
・歯肉の黒変(メラニン色素沈着)
・歯の根の治療(根管治療)
などの症状に対し、ほぼ麻酔なしで痛みを伴うことなく症状を軽減させることが可能です。

マイクロスコープ

医科の世界では当たり前のように使用されているマイクロスコープですが、歯科治療では今まで肉眼の治療がほとんどでした。肉眼での治療では見えていない部分が多くあり汚れの取り残しがあったり、過剰に歯を削ってしまっていることが生じたり、詰め物・かぶせものを入れるために削った歯の表面がでこぼこになり結果として歯にぴったりあった物が装着されず何年か経過してつなぎ目のところから再び虫歯を作ってしまうなどの問題が生じやすくなります。長持ちする歯を追求するためマイクロスコープを用いることにより、細かい部分を鮮明に拡大描写することができるため、このような肉眼での欠点を補い治療の精度を上げることができます。当クリニックでは3・5倍から25倍までの拡大率を使い分けて治療を行っています。

デジタルレントゲン

歯科治療では何度もエックス線を撮影しますので、被ばく線量が少ないデジタルレントゲンを使用することは患者さまにとって大きなメリットになります。当クリニックでは一般のレントゲン装置の1/10まで被爆線量を抑えています。

私自身が受けたい治療を提供したい

一生使っていく歯には限りがあります。新しい歯に交換はできません。壊れてしまったら治して使います。若いうちに壊してしまうと歯を失うリスクが高まります。例えば二つに割れたお皿とバラバラに割れたお皿を治して10年持たせるのにはどちらのほうが修理代が高く、維持するにもデリケートな処置が必要でしょうか?

  • 歯は自分で自分を修復することはできません。
  • 歯は治療をすればするほど弱くなります。
  • 歯医者に治療に行く回数が多い人ほど早く歯を失います。
  • 歯科治療は足し算ではありません掛け算です(患者さまの努力が0なら結果も0になります)。
  • 何回も治療しているのに悪くなっていくのはおかしい、悪い環境のままではだめなのです。

環境をかえていきましょう。

保険診療と自費治療

現在、歯科の治療行為のほぼ全てに「保険治療」と「自費治療」が存在します。

健康保険は患者さまの健康を維持するためのものです。
1961年に「国民皆保険制度」が施行され、日本が貧しく国民が十分な医療を受けられなかった時代に貧富の差が無く平等に受けられることを目的に作られた制度なのです。
この制度は、全国どこへ行っても同じ費用で治療を受けることができる、世界に類を見ないすばらしい制度です。

歯科医療の先進国である欧米では日本のような保険制度がないため、小さいころから歯を悪くしないよう予防処置に対する意識が高く、日本に比べて病気になってから治療を受ける人は少ないようです。一方貧しい人は歯科治療を受けることができないため悪くなったら抜歯をしてしまう方も少なくありません。

日本では保険制度によって気軽に治療を受けられるため、悪くなったら保険で治すという治療を繰り返す人がとても多くいます。歯は何回もの治療に耐えられる組織ではありませんから歯医者で治療を何回もする人ほど早く歯を失います。この悪循環を起こさないようにするためにはまず予防(毎日のセルフケア)をきちんと行い、治療が必要になってしまったら可能な限り精度の高い治療を受けていただき、それを長く持たせるよう定期的に歯医者でチェックしてもらうことが大切なのです。

<保険制度にも問題はあります。>

  • 病気でないと保険は使えず、予防などの病気になる前のものは組み込まれていません。
  • 歯科においては「痛み」を取り除くことが中心の制度で「歯をきれいにしたい」「長持ちする歯を入れたい」などの現代のニーズには国の指定する安価な材料を用いて応えることは難しいのが現状です。

<自費治療(保険の利かないものが自費になります)>

  • 国が指定した材料以外のものを使用した場合
  • 先端医療、新しい分野の医療

自費治療は国が定めた保険治療とは異なり医師が個々に自由に治療費を設定してよいので各歯科医院によって、使用材料・技術・考え方がことなっています。高度経済成長を経て十分豊かで知的水準も上がった国民が昔のままの治療に満足できるでしょうか。後で後悔しないためにも、治療方法はきちんと歯科医院と相談して行うことが大切です。

保険治療も自費治療も、治療をするという行為は一緒ですが「美しさを持続させ」「長持ちする」には差が出ます。

<当クリニックの自費治療>

  • 体に優しい材料を用いる(生体親和性の高いもの)
  • つめる・被せるものの精度を高め、細菌の進入・付着のしにくく清掃性の良いものを作製し、再治療が起こらないようにする。
  • 審美的に良好なもの
  • 機能的に噛みやすいもの

自費治療の場合なぜ病院によって価格が違うのか?とよく患者さまに聞かれます。例えば、保険の利かないインプラント治療を例にとりますと、インプラント治療を行うということは同じでも、使用するインプラントの材質・治療のやり方(技術)・人工の歯を製作してもらう技工士の技術・仕上げが病院によって全て異なり、それが費用に反映されます。歯科治療は出来上がったものを売っている訳ではありませんので、当クリニックでは最終のイメージがしやすいよう、できるだけわかりやすく、今までの治療例などを使用してご説明させていただきます。

口の中が健康で、歯が白くきれいなことによる人生の価値とメリット

・どんなに化粧をして高い装飾品、洋服を身に着けていても歯が汚く、臭っていたら・・・。素敵な笑顔より効果的なお化粧はありません。

・笑った時にきれいな白い歯が見えると、あなたに対する周りの印象がかなり変わります。
周囲が明るくなり自分自身に自信が持てるようになります。

・人生80年 四季折々のものが生涯なんでもおいしく食べられることによる基本的な健康の維持と生活の質の向上。楽しい人生。

<あきらめないでください>
歯科医療の治療技術の進歩も日進月歩で、昔では治せなかったものが治せたり、歯を失った場合入れ歯で我慢していたものが、入れ歯を入れなくてもいいようになっています。
当医院では最新の高度な治療技術をご提供します。

◆当医院での診療メニュー
1.一般歯科治療
2.ぺリオ(歯周病)
3.インプラント
4.審美歯科・精密補綴物
5.ホワイトニング
6.歯周形成外科
7.非抜歯矯正治療
8.予防歯科