長持ちする治療-コンセプト

歯は老化では無くなりません。日本は世界的に長寿国でありますが、口腔内の状態は先進国の中ではあまり進んでいるとは言えません。・・・何故でしょうか。


2年間で撤去・脱離した修復物
歯を失う原因のほとんどは虫歯と歯周病です。これらの病気は口の中に細菌が増殖することによって起こりますが、ただ細菌が増殖しても自覚症状は起こりません。その状態で放置された結果、病気が起こり患者さまに自覚症状が起き、始めて歯科医院を受診される方が多いのです。

このように日本には病気を未然に防ぐ予防・定期健診の考えがほとんどないため、原因を除去せず悪くなったら治すことを繰り返した結果、限りのある歯は再治療を繰り返し、人生の寿命を待たずして歯科医院で抜歯されてしまうのです。