最新機器と設備

質の高い治療を実現するため、痛みを少なくするための電動麻酔器など、最新の設備を導入しています。これにより、治療や診断の質を高めることができ、スタッフが持つ技術を最大限に発揮させることが出来ます。

電動麻酔器(超低速で麻酔を行う機械)

電動の麻酔注射器は、細い針を使用しているため、刺したときの痛みが非常に抑えられています。また、機械の圧力で麻酔液を注入するため、ゆっくりと痛くないように麻酔が注入できます。

顕微鏡検査

ビジュアル位相差顕微鏡
虫歯や歯周病の原因は口腔内の細菌です、実際に患者さまのお口の中からサンプリングした口腔内細菌が動いている様子を患者さま自身に観察していただき、何を除去するために毎日ブラッシングを行っているのか理解していただきたいと思います。

スプラソンP-MAX

歯石の除去にはとても熟練を要します。今までは手用スケーラーを用いて行ってきましたが、超音波振動の機械を用いることによって手用スケーラーでは届かない細部まで殺菌・消毒薬を注水しながらより確実な歯石除去が行えるようになりました。

炭酸ガスレーザー

・冷たいものでしみる歯(知覚過敏)
・歯周病による歯肉の腫れ
・歯肉の黒変(メラニン色素沈着)
・歯の根の治療(根管治療)
などの症状に対し、ほぼ麻酔なしで痛みを伴うことなく症状を軽減させることが可能です。

マイクロスコープ

医科の世界では当たり前のように使用されているマイクロスコープですが、歯科治療では今まで肉眼の治療がほとんどでした。肉眼での治療では見えていない部分が多くあり汚れの取り残しがあったり、過剰に歯を削ってしまっていることが生じたり、詰め物・かぶせものを入れるために削った歯の表面がでこぼこになり結果として歯にぴったりあった物が装着されず何年か経過してつなぎ目のところから再び虫歯を作ってしまうなどの問題が生じやすくなります。長持ちする歯を追求するためマイクロスコープを用いることにより、細かい部分を鮮明に拡大描写することができるため、このような肉眼での欠点を補い治療の精度を上げることができます。当クリニックでは3・5倍から25倍までの拡大率を使い分けて治療を行っています。

デジタルレントゲン

歯科治療では何度もエックス線を撮影しますので、被ばく線量が少ないデジタルレントゲンを使用することは患者さまにとって大きなメリットになります。当クリニックでは一般のレントゲン装置の1/10まで被爆線量を抑えています。