保険診療と自費治療

現在、歯科の治療行為のほぼ全てに「保険治療」と「自費治療」が存在します。

健康保険は患者さまの健康を維持するためのものです。
1961年に「国民皆保険制度」が施行され、日本が貧しく国民が十分な医療を受けられなかった時代に貧富の差が無く平等に受けられることを目的に作られた制度なのです。
この制度は、全国どこへ行っても同じ費用で治療を受けることができる、世界に類を見ないすばらしい制度です。

歯科医療の先進国である欧米では日本のような保険制度がないため、小さいころから歯を悪くしないよう予防処置に対する意識が高く、日本に比べて病気になってから治療を受ける人は少ないようです。一方貧しい人は歯科治療を受けることができないため悪くなったら抜歯をしてしまう方も少なくありません。

日本では保険制度によって気軽に治療を受けられるため、悪くなったら保険で治すという治療を繰り返す人がとても多くいます。歯は何回もの治療に耐えられる組織ではありませんから歯医者で治療を何回もする人ほど早く歯を失います。この悪循環を起こさないようにするためにはまず予防(毎日のセルフケア)をきちんと行い、治療が必要になってしまったら可能な限り精度の高い治療を受けていただき、それを長く持たせるよう定期的に歯医者でチェックしてもらうことが大切なのです。

<保険制度にも問題はあります。>

  • 病気でないと保険は使えず、予防などの病気になる前のものは組み込まれていません。
  • 歯科においては「痛み」を取り除くことが中心の制度で「歯をきれいにしたい」「長持ちする歯を入れたい」などの現代のニーズには国の指定する安価な材料を用いて応えることは難しいのが現状です。

<自費治療(保険の利かないものが自費になります)>

  • 国が指定した材料以外のものを使用した場合
  • 先端医療、新しい分野の医療

自費治療は国が定めた保険治療とは異なり医師が個々に自由に治療費を設定してよいので各歯科医院によって、使用材料・技術・考え方がことなっています。高度経済成長を経て十分豊かで知的水準も上がった国民が昔のままの治療に満足できるでしょうか。後で後悔しないためにも、治療方法はきちんと歯科医院と相談して行うことが大切です。

保険治療も自費治療も、治療をするという行為は一緒ですが「美しさを持続させ」「長持ちする」には差が出ます。

<当クリニックの自費治療>

  • 体に優しい材料を用いる(生体親和性の高いもの)
  • つめる・被せるものの精度を高め、細菌の進入・付着のしにくく清掃性の良いものを作製し、再治療が起こらないようにする。
  • 審美的に良好なもの
  • 機能的に噛みやすいもの

自費治療の場合なぜ病院によって価格が違うのか?とよく患者さまに聞かれます。例えば、保険の利かないインプラント治療を例にとりますと、インプラント治療を行うということは同じでも、使用するインプラントの材質・治療のやり方(技術)・人工の歯を製作してもらう技工士の技術・仕上げが病院によって全て異なり、それが費用に反映されます。歯科治療は出来上がったものを売っている訳ではありませんので、当クリニックでは最終のイメージがしやすいよう、できるだけわかりやすく、今までの治療例などを使用してご説明させていただきます。