口腔衛生習慣の改善により、日本人の虫歯は減少してきました。しかし、歯周病はあまり減少することなく、現在でも30歳以上の成人の約80%が歯周病にかかっており、歯の喪失原因の第1位になっています。そしてその多くの人はその自覚を持っておらず、歯周病の進行を止める機会を逃してしまっています。


30歳代半ば以降で歯を失う最大の原因は、歯周病です。
一方、むし歯が原因で歯を失うケースは、20歳代以降50歳代まで減少を続けます。