歯周病が悪化し、抜歯した歯。
歯石が歯根部分までくっついている。表面だけではなく、セメント質や象牙質まど歯の内部にまで入り込んで付着する。

口の中には500種類もの細菌が棲みついています。これが食べ物のカスを餌にして、プラーク(歯垢)を作ります。プラーク1ミリグラムの中には30億個の細菌が存在すると言われており、食後の口の中には、程よい温度、水分、食べカス(栄養)があり細菌が繁殖するにはこの上なく良い条件が揃っています。歯磨きが不十分だと細菌はどんどん増えていきます。プラークを取り除くためにはブラッシングが効果的で歯の表面、歯と歯ぐきの境目、歯と歯の間をしっかり磨きましょう。