歯肉炎の段階で歯科医院で歯石を取り除いてもらえば状態は良くなります。そのまま放置しておくと悪化して「歯周炎」へ移行します。
下の図を見てください。軽度から中等度、そして重度へと悪化するにしたがい歯周ポケットは深くなり、歯槽骨が徐々に失われていくのです。歯周病を引き起こす細菌は嫌気性菌(酸素を嫌う)で空気の届かない深部を好むため、歯と歯ぐきの間の隙間(歯周ポケット)の奥深くに入り込みます。そして毒素を出し続け、歯槽骨まで溶かしていくのです。そうなると口臭がしたり、膿が出たり、歯ぐきが腫れたり、歯がぐらぐらするなどの自覚症状があります。
これがいわゆる「歯周病」です。