歯科医は特殊な器具で歯周ポケットの深さを測ったり、歯石の付着程度を調べたり、エックス線で歯槽骨がどの程度なくなっているのか調べます。歯周ポケットが3ミリ程度なら、ブラッシングと歯科衛生士による歯石除去によって健康な状態を取り戻すことが可能です。

歯石を取り除く(歯周病の原因であり、細菌の棲家でもある歯石をきれいに取り除くことから歯周病の治療は始まります。)

歯周病が進行して、歯周ポケットが深くなる場合(歯周ポケットが4ミリ以上)、歯石も歯ぐきの奥深くまで入り込んでいます。スケーラーという器具を使って歯石を取り除きます。

表面を滑らかにします

歯石を取り除いた後は、歯の根の表面を滑らかに仕上げます。プラーク(歯石)でざらざらになっていると再び細菌がたまりやすくなるためです。歯の表面を削り過ぎないように滑らかにしなければなりません。これには熟練を要します。

外科処置をする場合もあります。

歯石を取り除いた後でも、歯の周囲に深い歯周ポケットや失った歯槽骨のでこぼこなどが残っていると、すぐに歯石がたまりやすく、歯周病に進行することになります。このような状態を改善するために外科処置が必要な場合があります。深いポケットを浅くし、歯ぐきや歯槽骨のでこぼこを改善する処置です。

歯周治療の目標は、細菌がたまりにくく、
患者さま自身が磨きやすい環境をつくることです。

そのために歯ぐきの移植をしたりすることが必要な場合もあります。そのように歯磨きしやすい環境が得られると、歯周病の再発を防ぐことにつながります。

治療後はメンテナンスをします。

重度の歯周病でぐらぐらになった歯は、治療後、再び歯周病になることがあります。それを防ぐためには、自分で丁寧な歯磨きを続けることが欠かせません。また、歯科衛生士による定期的な健診と専門用具を使って行う清掃(PMTC)などのメンテナンスも必要になってきます。