みなさんの歯に対する思い


多くの方がこんな風に思っているのが普通です。
でも、よく考えてください。
皆さんが歯医者に行く時はこんな風になっていませんか?


歯医者は痛くなってから行くもの?悪くなってから行くもの?


歯医者をそんな位置づけに置いている人は多いのではないでしょうか?
しかし、一度虫歯が出来てしまうと歯を削ったり抜いたりして、将来歯を失うリスクが高くなってしまうのです。

本来患者さまが求めている歯の状態を維持するには、歯が悪くなってから歯医者に行くのではなく、しっかりとした予防の知識を得て、信頼できる技術の治療を受けることが重要です。

ぜひ本当の予防を実施し、健康で豊かな生活を実現しましょう。
好きなものを自由に食べられることが高齢者の生活の質も高めてくれるのです。