一般的に行われるむし歯・歯周病・根管治療(歯の根っこの治療)などの歯科治療には、非常に細かい作業が多くあります。

今までは肉眼で処置を行ってきましたが、拡大鏡を使用することにより、今まで見えなかった細かい部分まで拡大描写され、治療の精度があがりました。

拡大鏡を使用することにより悪くなってしまった部分の除去(むし歯・歯石)が確実に行え、健康な歯質を最大限保存することもできます。また、つめ物、かぶせ物の適合精度もよくなり治療したところが長持ちするきれいな仕上がりにすることができます。