口腔衛生習慣の改善により、日本人の虫歯は減少してきました。しかし、歯周病はあまり減少することなく、現在でも30歳以上の成人の約80%が歯周病にかかっており、歯の喪失原因の第1位になっています。そしてその多くの人はその自覚を持っておらず、歯周病の進行を止める機会を逃してしまっています。


30歳代半ば以降で歯を失う最大の原因は、歯周病です。
一方、むし歯が原因で歯を失うケースは、20歳代以降50歳代まで減少を続けます。

健康な歯は、歯と歯ぐきの間に深さ1~2ミリほどの小さな溝(歯肉溝)があり、歯ぐきに覆われた歯根は「歯槽骨」という顎の骨にしっかりと支えられています。ところが、歯と歯ぐきの間にプラーク(歯垢)がたまると、そこについた細菌がさまざまな毒素をだして歯ぐきや歯槽骨を侵していく、それが歯周病です。病気が進行すると(歯槽骨が溶け)歯がぐらぐらし、最終的には抜けてしまうのです。


歯周病が悪化し、抜歯した歯。
歯石が歯根部分までくっついている。表面だけではなく、セメント質や象牙質まど歯の内部にまで入り込んで付着する。

口の中には500種類もの細菌が棲みついています。これが食べ物のカスを餌にして、プラーク(歯垢)を作ります。プラーク1ミリグラムの中には30億個の細菌が存在すると言われており、食後の口の中には、程よい温度、水分、食べカス(栄養)があり細菌が繁殖するにはこの上なく良い条件が揃っています。歯磨きが不十分だと細菌はどんどん増えていきます。プラークを取り除くためにはブラッシングが効果的で歯の表面、歯と歯ぐきの境目、歯と歯の間をしっかり磨きましょう。

プラークは放っておくと唾液のミネラルを吸収して硬くなったものが歯石です。鏡で見ても確認できますし、舌で触ってみるとざらっとした感触がしますのでこれが歯石だとわかるでしょう。
歯石になってしまうといくら歯磨きをしても取れません。歯科医院で特殊な器具を使って取り除いてもらうしか方法はありません。歯に自信がある人でも、1年に1,2回は歯科医院で定期健診を受けチェックしてもらうと共に歯石を取り除いてもらいましょう。

歯肉炎の段階で歯科医院で歯石を取り除いてもらえば状態は良くなります。そのまま放置しておくと悪化して「歯周炎」へ移行します。
下の図を見てください。軽度から中等度、そして重度へと悪化するにしたがい歯周ポケットは深くなり、歯槽骨が徐々に失われていくのです。歯周病を引き起こす細菌は嫌気性菌(酸素を嫌う)で空気の届かない深部を好むため、歯と歯ぐきの間の隙間(歯周ポケット)の奥深くに入り込みます。そして毒素を出し続け、歯槽骨まで溶かしていくのです。そうなると口臭がしたり、膿が出たり、歯ぐきが腫れたり、歯がぐらぐらするなどの自覚症状があります。
これがいわゆる「歯周病」です。







以下が歯周病を悪化させる要因です。

・歯並びが悪い→歯が磨きにくく、汚れがたまりやすい
・糖尿病などの病気→抵抗力の低下
・喫煙→血管を収縮させるので酸素や栄養素が細胞までに行き渡らない。
・歯ぎしり→歯周組織に無理な力がかかる
・疲労→体の抵抗力の低下
・精神的ストレス
・薬の副作用
・ビタミンの欠乏
・偏食→甘いものはプラークがたまりやすい
・ホルモンのバランスの乱れ


このように、むし歯も歯周病もある程度のチェックは自分でする事ができます。
上記 歯周病の自己チェックで、身に覚えのある症状をチェックしてください。
そして、一つでも思い当たるものがあれば、早めに当クリニックの検診を受ける事を
おすすめします。

歯科医は特殊な器具で歯周ポケットの深さを測ったり、歯石の付着程度を調べたり、エックス線で歯槽骨がどの程度なくなっているのか調べます。歯周ポケットが3ミリ程度なら、ブラッシングと歯科衛生士による歯石除去によって健康な状態を取り戻すことが可能です。

歯石を取り除く(歯周病の原因であり、細菌の棲家でもある歯石をきれいに取り除くことから歯周病の治療は始まります。)

歯周病が進行して、歯周ポケットが深くなる場合(歯周ポケットが4ミリ以上)、歯石も歯ぐきの奥深くまで入り込んでいます。スケーラーという器具を使って歯石を取り除きます。

表面を滑らかにします

歯石を取り除いた後は、歯の根の表面を滑らかに仕上げます。プラーク(歯石)でざらざらになっていると再び細菌がたまりやすくなるためです。歯の表面を削り過ぎないように滑らかにしなければなりません。これには熟練を要します。

外科処置をする場合もあります。

歯石を取り除いた後でも、歯の周囲に深い歯周ポケットや失った歯槽骨のでこぼこなどが残っていると、すぐに歯石がたまりやすく、歯周病に進行することになります。このような状態を改善するために外科処置が必要な場合があります。深いポケットを浅くし、歯ぐきや歯槽骨のでこぼこを改善する処置です。

歯周治療の目標は、細菌がたまりにくく、
患者さま自身が磨きやすい環境をつくることです。

そのために歯ぐきの移植をしたりすることが必要な場合もあります。そのように歯磨きしやすい環境が得られると、歯周病の再発を防ぐことにつながります。

治療後はメンテナンスをします。

重度の歯周病でぐらぐらになった歯は、治療後、再び歯周病になることがあります。それを防ぐためには、自分で丁寧な歯磨きを続けることが欠かせません。また、歯科衛生士による定期的な健診と専門用具を使って行う清掃(PMTC)などのメンテナンスも必要になってきます。

歯周組織の再生

風邪をひいても体は自然に治りますが、むし歯になって一度歯に穴が開いてしまうと自然に元に戻ることはありません、これは歯にはほとんど細胞が無い(無機質)ためです。しかし歯周組織(歯肉、歯槽骨、セメント質)には細胞があるため自分自身で治す能力があります。この歯周組織に特殊な方法で働きかけて、その細胞を積極的に増やすことができ、失われた組織を再生させることが可能になりました。

歯周病の治療の目的は、歯周ポケットを無くし細菌を減らし、歯周組織の破壊を防ぐことです。歯周病の初期の段階では歯磨きや簡単な歯石除去だけで治癒しますが中等度から重度の場合多くは歯周外科処置が必要になります。従来の外科処置に加えて再生治療が行えることにより保存困難であった歯が保存できるようになりました。

一般的に、歯周病により歯肉の下の歯槽骨が垂直的に溶けている場合は再生治療が可能で、水平的に溶けている場合は切除療法が適用されます。これらの使い分けは患者さまのお口の状態を診査・診断させていただき判断します。現在、エムドゲイン法、GTR法、骨移植法の3つの方法がつかわれており、時としてこれらを組み合せて用いることもあります。

歯周組織再生治症例

矢印の位置まで骨が溶けてしまい、このままでは抜歯になってしまいます。   再生治療により骨を増やすことができ、抜歯をせず保存することができました。
骨が三角形のように溶けています。   骨が増え正常な形に改善されました。