日本ではあまり聞きなれない分野ですがスマイルの美しさを大切にする欧米では頻繁に行われている処置です。強すぎるブラッシングや矯正治療などにより部分的に歯ぐきが下がってしまい知覚過敏(冷たいものがしみる)がでたり、歯が長く見えたりするのを元の状態に戻す治療でもあります。

また笑うと歯ぐきが大きく見える、歯ぐきのラインが左右非対称、歯ぐきの色が悪い、ブリッジの入っている歯ぐきが下がっていて物が詰まるなどの状態も歯周形成外科を行うことによって改善でき、歯と歯ぐきのバランスを整えることができます。

素敵な笑顔は、健康な歯と健康な歯ぐきのバランスによって生まれるものです。魅力的な笑顔は、外見的な美しさだけでなく、精神的な豊かさや若さの象徴でもあるといえるでしょう。

歯周形成外科症例

歯ぐきが下がっています。   治療後歯ぐきが元の位置に戻りました。