歯や顎の形を整え、健康なかみ合わせ・美しい歯ならび、
そして明るい笑顔を作りだすのが矯正治療です。


笑うと見えるやえ歯やビーバーのような前歯、子供の頃はそれが可愛いと言われ、トレードマークになっていたとしても、悪い歯並びをそのままにしておくと、いろいろな問題が起こります。むし歯になったり、かみ合わせが悪いために消化不良をおこしやすくなったり、からだの健康や発育、あごの関節にまで悪い影響を与えてしまいます。

現在、歯並びや口元の“美しさ”は、海外では“知性や教養の現われ”として非常に重要になっており、日本でも同じような傾向になってきています。

最近特に、首や肩のこり・耳鳴り・めまい・頭痛などの症状が、大人に限らず10代の子供たちにも目立ってきています。これは、悪いかみ合わせや顎の位置が、ずれたりすることによって起こることが少なくありません。(顎関節症)

歯並びの矯正治療と言うと、その審美面ばかりが強調されがちですが、咀嚼(食べ物を咬むこと)・発音・呼吸などの機能と一体の関係にあるからこそ、見た目も美しいのです。不自然な位置にある歯やあごの形を整え、しっかりしたかみ合わせと、まっすぐならんだ美しい歯並びをつくりだし、体のバランスを整えることは非常に重要です。

歯並びがよくなると、食べ物をしっかりと咬むことができ、歯みがきもきれいにできるので、口の中の健康はもとより、消化も助けてからだ全体の健康にもよい結果をもたらします。

きれいにならんだ白い歯で、健康と自信にみちた明るい笑顔を!<br />
それが矯正治療の大きな役割です。

歯を抜くことが本当にいいことなのでしょうか?
歯には、1本1本役割がり、すべての歯がその役割を果たすことが本当に大切なのではないでしょうか。

一般矯正では、歯のならぶすき間がない場合、歯並びの中間の歯を抜いて矯正治療をしますが、当クリニックでは、あなたの大切な1本1本の歯を残すために、歯を抜かない矯正治療を行います。
そのためにはMEAW(マルチループ・エッジワイズ・アーチ・ワイヤー)という方法を使って治させていただきます。このMEAWというのは、まっすぐなワイヤーとは違い、複雑に曲げられたワイヤーを使います。

悪い歯並びは、親知らずの影響や、歯の生えかわりの順序の違いによって、歯が前に押し出されて倒れてしまった状態です。この前に倒れている歯を本来の位置にまっすぐにすることによって、歯を正常な位置に治します。そうすることですべての歯をきれいな歯並びに治すことが出来るのです。

また、このMEAWというワイヤーを使って歯を動かす場合、
歯の1本1本の間にループが入っているために、すべての
歯を同時に動かすことが出来ます。
そのため期間の短縮にもなります。

年齢にかかわらず、まずご相談ください。それぞれの場合により、最適な時期は違ってきます。まだ乳歯しか生えていない時期でも、できるだけ早く治療しなければならない場合もありますし、永久歯に生え変わってから一度に治療した方がよい場合もあります。いつでも“おかしいな!”と思ったら、すぐに相談していただくのが“最良の方法”といえるでしょう。

“大人の方でも大丈夫”

矯正治療ができるのは子供のときだけではありません。
今はたくさんの大人の方が矯正治療をうけています。歯と同じ色の装置を用いて目立たなく治療ができるようになったからです。
“きれいな歯ならびは他人の目にも良い印象を与えます。”

叢生(歯のガタガタがある)

開咬(奥歯しか咬んでいない、前歯が咬めない)

上顎前突(前歯がでている)

下顎前突(受け口になってしまいました)