セレック

CEREC

1回の通院で治療完了CAD/CAMを用いた
1dayトリートメント
忙しい日々の中で、歯の治療に行きたいが時間が作れない方にも、精度の高い修復治療が提供できるようになりました。
歯科治療における修復治療には人工歯の製作期間が必要になり通常複数回の通院が必要になっていました。しかし、近年デジタルテクノロジーの発展により1日で精度の高い人工歯の製作から装着までが行えるようになっています。

CAD/CAM技術を使用した治療のメリット

  • 1

    通院1日
    治療時間90~120分

  • 2

    歯を削ったその日に
    最も接着に良い条件で
    傷口を封鎖※

  • 3

    より天然歯に近づいた、
    審美的質感

  • 4

    体に安全・安心な
    セラミック修復

従来は、型を採って仮封鎖して2回目に装着、という流れですが、これだと装着されるまでの間に削った部位が汚染され、接着にとっては不利な条件になってしまいます。

CAD/CAM治療の流れ

  • 1

    より効果ある治療のための前処置
    マイクロスコープにて虫歯・銀歯を確実に除去しセラミックの性能が最も発揮できるような形に歯を削っていきます。
    *

    *

  • 2

    歯を削った後、
    3Dカメラで口腔内を撮影します
    治療する患歯を削った後、従来の型取りをする際の不快感を味わうことなく、3D光学カメラを使用して患歯を撮影(スキャン)するだけ。わずか数秒、これだけの作業で患部の歯列が目の前のモニター上に再現されます。
    数秒でモニター上に再現されます

    *

  • 3

    コンピューターの3D画面上で
    修復物の設計をします
    モニター上であらゆる角度から、かみ合う部分や形を微調整し、理想的な形にしていきます。
    設計後、ご用意してある様々な色のセラミックブロックから、最も適した色のブロックを選びます。

    *

  • 4

    ミリングマシンが
    設計データーを基に加工します
    ミリングマシンと呼ばれる機会が、コンピューターで設計されたデーターをもとにセラミックブロックを削りだし、チェアーサイドでみるみるうちに精度に優れた修復物を加工・作製していきます。

    *

  • 5

    口腔内へセットして治療完了です
    削りだされたセラミック修復物を口腔内にセットします。これですべての治療が完了となります。

    *

ページの先頭へ戻る