歯科用CT

従来の2次元レントゲン写真

従来の歯科治療で撮影されていたエックス線撮影は、三次元的な人体の構造を二次元的な平面に投影したものであり、歯や顎骨の三次元的な構造や、病変と周囲組織との三次元的な位置関係は診断できませんでした。
また体の構造上、デンタルレントゲンは皮質骨(骨の表面を構成する硬くて緻密な骨)の吸収を伴わないと透過像が認識できない等の欠点があり、病気を見逃してしまう可能性もありました。

当クリニックではより詳細な診断が行えるように、人体の任意の断面微細構造が表示できる歯科用コーンビームCT(CBCT)を導入しています。通常のレントゲンは国内の歯科医院で約95%も普及しているのに対し、歯科用CBCTはわずか10%(2014年時点)と、医院によって診断精度に差が生じる要因の一つとも言えるでしょう。

CBCTの特徴

CBCTの主な特徴の一つは、微細な骨構造を抽出する能力です。
このため、とりわけ頭頸部の診断に適していますが、歯科領域では次の目的に使用されています。

  • 1.インプラント手術の計画作成のために解剖学的形態、利用可能な骨高径、幅径および相対的な骨質を評価、およびインプラント治療の合併症が疑われる際の対応の為。
  • 2.歯槽堤の三次元的な形態を把握する。
  • 3.手術部位に近接する重要な解剖学的形態の位置を確認する。
    例えば、下歯槽神経、オトガイ孔、切歯管、上顎洞、副鼻腔の開口部、鼻腔底等。
  • 4.2次元エックス線撮影法では十分に評価することができなかった、上下顎の歯牙及び歯槽骨内の病変または顎関節の異常の有無、根管内部構造の形態の把握。

歯科用コーンビームCT

2Dと3D撮影の違い

2Dでは赤丸の病変がはっきりと認識できませんが、3Dでは病変がはっきりと認識できます。

2D撮影画像

2D撮影画像

この写真では病変がはっきり写っていない

3D撮影画像

3D撮影画像

いろんな角度から見ると病変の位置・大きさがはっきり写っています

ページの先頭へ戻る