マイクロスコープ

マイクロスコープ

マイクロスコープ(顕微鏡)
を用いた歯科治療「見えない」治療から
「見える」治療へ
歯科治療は狭くて暗い口腔内の処置を肉眼で行っているため実際には見えない・見えていない部分が多く、ほとんどが歯科医師の経験と勘に頼って行われています。その結果、虫歯に感染している部位の取り残しや削りすぎ、歯の神経の中の組織や感染部位の取り残し、人工の詰め物・被せ物の不適合などにより、一度治療を行った部位が数か月から数年でもたなくなり再治療になるケースが多くみられます。歯は何回もの治療に耐えられませんので再治療を繰り返す悪循環によって早期に抜歯に至ります。

最近ではこの問題を解決する方法があります。それが顕微鏡を用いた治療です。当クリニックの顕微鏡は術野を2倍から34倍に拡大して確認することができ、狭くて暗い部位には顕微鏡から高照度のライトを当てることにより明るくすることができるようになりました。

マイクロスコープの有用性

*

多くの情報を得られることで、
余分な侵襲や再治療リスクを抑える
明るく拡大することにより治療部位の情報量は数倍になり、的確な診断のもと、取り除かなくてはならない部位と健康な部位の境界が明瞭にできます。今までのように見えていないことで必要以上に削る必要がなくなり、感染して悪くなった部位の適切な除去、歯とぴったり合った適合精度の高い人工歯の作成・装着によって、再治療になる確率を下げることができるようになります。また歯に対して最小の侵襲で処置を行えるようになりました。つまり、一回で治療を終了させて再治療になるリスクを大幅に減らすことができるのです。

顕微鏡を用いた歯科治療は1990年代から行われるようになりましたが、現在日本での普及率は数%程度でごく限られた人によって行われています。大学でも教育はされていません。
アメリカの歯内療法専門医の資格を取るためには顕微鏡使用は義務化されています。

当クリニック院長である私は2007年より導入し国内外でトレーニングを受け、現在ほとんどすべての治療に用いて良好な結果を得ています。2012年には日本顕微鏡歯科学会の認定医を取得しています。顕微鏡を用いて治療を行うようになり、今までの肉眼治療との歴然とした差を常に感じています。

動画を見る
マイクロスコープの視野

5.1倍、8.2倍、13.6倍、21.3倍と、段階的に拡大した状態をお見せします。肉眼では線にしか見えない部分もマイクロスコープで拡大して見ると「NIPPONGINKO」とはっきり見えます。

こんな治療で活躍します
  • 審美治療
    肉眼では確認することが困難な小さな隙間も捉えることができため、削る量も抑えられます。また色調整や仕上の修正、研磨の精度も上がり、より精密で高い適合精度となり、長持ちする詰め物・被せ物を実現します。

    *

  • 歯周病治療(再生・形成)
    歯周再生・形成外科治療では、非常に繊細な操作を要求されます。マイクロスコープによる拡大下で行うことで、従来より細い縫合糸を用い、非常に細かい部位にも繊細にアプローチでき、処置の成功率を高めることができます。

    再生治療、形成治療(CTG)

  • 根管治療
    根管(歯の根)内は狭く暗いため治療も困難となりますが、その根管でさえも大きく明るく拡大して見ることができます。重度に進行した虫歯や根の炎症はもちろん、小さな病巣も的確に取り除くことができ、再治療リスクを無くします。

    *

  • インプラント
    マイクロスコープでの拡大視野により的確な診断ができることで、外科処置におけるダメージを軽減します。また精度の高い埋入と確実なコントロールを可能にし、より質の高いインプラント治療を可能にします。

    *

  • クリーニング
    大きく明るく見えることで歯肉や歯にやさしいクリーニングを行えるだけでなく、肉眼によって差がでてしまう歯石やプラークの取り残しも改善できるため、従来と比較して、より精密なクリーニングで、徹底的にお口をキレイにできます。

    *

カリーナシステム

*

マイクロスコープを通して見た
口腔内や治療の様子を映し出す
当クリニックでは精密治療を可能とする歯科用顕微鏡(マイクロスコープ)と併せて、専用の記録プレゼンテーションシステム「カリーナシステム」を使用しています。実際に行った治療状況を録画してご説明することで、患者様自身にご自分の歯の状態を詳しく知っていただくことができます。
従来、歯科医院で見せてもらえるものは口腔内写真とレントゲンのみでした。これで説明されても現状はわかりにくいものです。このシステムを用いると自分の歯の状態をリアルタイムに拡大して見ていただけるため、状態の把握がとても良くでき、まさに「百聞は一見にしかず」となります。

「治療前治療後の比較が可能」「記録した治療の様子を高画質で確認」「高倍率の術野で細部にわたり患者様と情報共有」

「なぜ、このような状態になってしまったのか」
「治療前と治療後は、どのように変わったのか」
「次回はどのような方針で診療を行うのか」

など、患者さんにご理解いただきやすい環境(インフォームドコンセント)を提供し、患者さんとの情報共有化を推進いたします。
歯科用顕微鏡によって、肉眼では見ることができなかった患部の状態を正確に把握することが可能になり、より安全な治療を実現します。
治療中に顕微鏡で見ている状態や治療過程を映像として記録し、ご説明することで安心して治療を続けられます。

顕微鏡を用いた歯科治療Q&A

歯科治療の特徴を考えると顕微鏡は必須の道具であると確信しています。ただ、患者さんの多くは顕微鏡を使った歯科治療を受けたことがありません。そこで、当クリニックの顕微鏡治療についてご理解いただくために、Q&Aを作成しました。ぜひお読みいただいて、一緒に治療に取り組んでいければと思います。

Q.何ができるのか?
精度の高い診査・診断、感染部位の除去、細菌が増殖しないような精密な補綴物の作製、低侵襲な外科処置を行えます。
また、カリーナシステムによって診療記録を常に録画していますので、その場で見ていただくことができます(記録の保存)。
Q.顕微鏡治療を受けるメリットは?
正確な診断のもと、精密な治療が受けられるので再発の起こりにくい状態になります。
今までは自分の口の中の状態を見ることはできず医師の説明を受け、頭で想像するしかできませんでしたが、当クリニックでは顕微鏡治療は全て録画しておりますのでお口の状況をモニターでリアルタイムに見ていただくことができます。これにより患者さん自身にお口の状況が理解しやすくなっております。
Q.治療時間は長くかかりますか?
今まで受けられた肉眼治療と同じ内容と思わないでください。それは顕微鏡を使うことでよく見えているために処置することが多くなり、ある程度の時間が必要になります。特別長い訳ではありません。
本来病気を治すための適正な時間があるはずですが「見えていない治療」では問題を解決しないまま治療が進むため早く感じているだけです。
Q.健康保険はききますか?
処置の内容によって異なりますがほとんどが保険適応外になります。(高額な顕微鏡専用機器・器材の整備・十分な治療時間の確保ためです)
Q.顕微鏡は目が悪くなった人が使うものか?
歯科医師の中には顕微鏡は目が悪くなった人が使うものであると考えている人がいますが、肉眼で見ている部分を拡大しているだけなので目が悪いのであれば拡大しても見えません(どんなに視力が良くても肉眼には生理的に限界があります)。
Q.ルーペ(拡大鏡)と顕微鏡は同じなのか?
拡大する目的は一緒ですが拡大の仕方と明るさが異なるため、見え方が異なります。顕微鏡の方がよりしっかり見ることができます。
ルーペ(拡大鏡)について
ページの先頭へ戻る