電動式骨手術器械

*

外科的治療のダメージを最小限に抑える
イタリアで開発された超音波振動手術用医療機器による安全な骨切り機器(Osteotomy)です。元来は、脳外科で使われていた機器を基に開発されたインプラント用の医療機器を使用しての骨切り手術ですので、軟組織(神経、血管、歯肉など)にダメージを与えずに、骨だけを正確に切ることが可能です。
それは、この超音波器具は、軟組織には反応せず、硬組織のみに反応するからです。また、既存のドリルやマイクロソウに比べて、切込みを与えた骨へのダメージも少ないため治癒も早まります。
当クリニックでは約10年前からこの機器の特性を活かしてサイナスリフト(上顎洞底拳上術)や難抜歯の際に使用し良好な結果を得ています。
ページの先頭へ戻る