美しい笑顔は
正しい歯並びから

正しいかみ合わせで、
歯も長持ち・全身も健康に

望月デンタルクリニックの
矯正治療の特徴
  • 1.見た目だけでなく口腔内の理想的な機能回復を目指します
  • 2.すでに歯周病、虫歯、部分欠損が生じている方への
    歯並びの修正+欠損修復・歯周病・虫歯治療を総合的に治療します
  • 3.非抜歯治療を優先して治療計画を考えます
  • 4.治療期間を短縮し歯が動きやすくするよう各種インプラントアンカーを使用します
  • 5.部分的な矯正によって口腔内環境を改善できます
*

矯正治療とは?歯や顎の形を整え、
健康なかみ合わせ・美しい歯並び、
そして明るい笑顔をつくりだすのが
矯正治療です。

矯正治療というと見た目の改善のみが強調されているようですが、最も大切な事は、食事・発音・体のバランスを構成する体の一部分として理想的な機能を発揮するために治療を行うものだと思います。歯は一本一本異なった形をして、それぞれ異なった機能を担っており、これらが口の中で一列に並んでいます。今まで多くの研究から”人間にとって理想的なかみ合わせはこうある方が良い”というものが存在し、それが矯正治療する際に一つの治療目標になっています。この理想的なかみ合わせから逸脱している人は多くのリスクを口腔内に常に持っている状態です。

悪い歯並びのままだと…

  • 1
    前後左右の非対称なかみ合わせにより、顎顔面のバランスが徐々に乱れ、顔貌の変化につながる
  • 2
    程度によっては
    正常な発音・発語がしづらくコンプレックスになることも
  • 3
    清掃困難な状況の長期化により虫歯、歯周病の発症リスクが高まる
  • 4
    咬み合わせが悪く
    しっかり噛めないため、
    消化不良を起こしやすい
  • 5
    部分的な歯への過剰な力の持続により、歯の破折、破折部位への細菌の侵入による虫歯、歯の動揺などが生じる可能性がある
  • 6
    前後左右の非対称なかみ合わせにより、歯を支えている顎の骨の形態異常、顎関節への負担による顎関節症、体の歪みなど…

現在、歯並びや口元の“美しさ”は、
海外では“知性や教養の現われ”として非常に重要になっており、
日本でも同じような傾向になってきています。

最近特に、首や肩のこり・耳鳴り・めまい・頭痛などの症状が、大人に限らず10代の子どもたちにも目立ってきています。これは、悪いかみ合わせや顎の位置が、ずれたりすることによって起こることが少なくありません。(顎関節症)
歯並びの矯正治療と言うと、その審美面ばかりが強調されがちですが、咀嚼(食べ物を咬むこと)・発音・呼吸などの機能と一体の関係にあるからこそ、見た目も美しいのです。不自然な位置にある歯や顎の形を整え、しっかりしたかみ合わせと、まっすぐ並んだ美しい歯並びをつくりだし、身体のバランスを整えることは非常に重要です。

*

歯並びが良くなると、食べ物をしっかりと咬むことができ、歯みがきもきれいにできるので、口の中の健康はもとより、消化も助けて身体全体の健康にも良い結果をもたらします。

きれいに並んだ白い歯で、
健康と自信に満ちた明るい笑顔を!

それが矯正治療の大きな役割です。

治療に向いている年齢・期間は?

年齢にかかわらず、まずご相談ください。
それぞれの場合により、最適な時期は違ってきます。
まだ乳歯しか生えていない時期でも、できるだけ早く治療しなければならない場合もありますし、永久歯に生え変わってから一度に治療した方が良い場合もあります。
いつでも“おかしいな!”と思ったら、すぐに相談していただくのが“最良の方法”といえるでしょう。

*
“大人の方でも大丈夫”

上にあげたリスクの回避、改善を行えるのは子供だけではありません。全年齢が治療の対象になります。
今はたくさんの大人の方が矯正治療を受けています。歯と同じ色の装置を用いて目立たなく治療ができるようになったからです。“きれいな歯ならびは他人の目にも良い印象を与えます。

的確な診断を行うための精密検査

矯正治療の精度を高めるために欠かせない的確な診断のために、精密検査を行っています。
通常のレントゲン写真や顔・口内の写真撮影、模型づくりのほか、顎の位置・関節の状態、身体とのバランス、咬み合わせなどを細かく検査し、豊富な資料からそれぞれに最適な矯正治療をご提案します。

*
  • *

    顔写真、口腔内写真

  • *

    研究用模型作製、咬合器付着

  • *

    デンタルレントゲン
    (14枚法)

  • *

    セファロ撮影(正面・側面)、顎関節撮影

  • *

    CT撮影(片顎)

  • *

    顎運動測定(アキシオグラフ)

当クリニックの矯正治療メニュー

一人ひとりに最適な
矯正歯科治療を提案

ストレートワイヤーシステム

− 痛み・治療期間・見た目の負担を軽減する矯正治療

*

見た目は従来の一般的な矯正と変わりませんが、従来と異なりワイヤーとブラケットをゴムやリングで固定せず、歯にかかる力と摩擦を軽減させる独自の構造によって固定する「セルフライゲーションブラケット」になっています。
矯正時にかかる力が強すぎると、歯が動くのに時間がかかったり口腔内での血管の閉鎖や細胞の壊死を引き起こす恐れがあります。しかしこのストレートワイヤーシステムは、無理のない優しい力で自然に歯を動かすため、口腔内が健康に保たれ、結果として歯の移動も早く治療期間の短縮に繋がります。さらに、摩擦が少ないことで治療中の痛みが大幅に軽減されるという特長を持ちます。もちろん、力が弱すぎると歯は動きませんが、ストレートワイヤーシステムは持続的に力がかかり続けるため、その心配もありません。

*

他にも、歯を抜かずに矯正できる確率を上げられたり、矯正治療中の見た目が気になる方のために審美性に優れたセラミックブラケットを使用できるなど、治療後の効果だけで無く、治療中の痛み・時間・見た目の負担も軽減することが出来る優れた矯正治療システムなのです。

MEAW矯正

− 歯を抜かない早い矯正治療

一般的な矯正治療では、歯の並ぶすき間がない場合、歯並びの中間の歯を抜くことがありますが、歯を抜くことが本当に良い治療法なのでしょうか?
歯には1本1本役割があり、すべての歯がその役割を果たすことが本当に大切なのではないでしょうか。
当クリニックでは、あなたの大切な1本1本の歯を残すために、症例にもよりますが可能であれば歯を抜かない矯正治療を行いたいと考えています。

*

その治療法の一つとして、当クリニックではMEAW(マルチループ・エッジワイズ・アーチ・ワイヤー)を採用しています。このMEAWというのは、従来の矯正治療で用いられるまっすぐなワイヤーとは違い、ループを設けた特殊なワイヤーを使います。
従来の約3倍の長さのワイヤーを曲げこむことによって、よりしなやかで、歯への負担を軽減できます。さらに、従来の方法では、歯を横に動かしてから上下に動かす必要があったため治療期間が長くなりがちでしたが、このMEAWは、歯の1本1本の間にループが入っていることから三次元的な動きが可能で、すべての歯を最短距離で同時に移動させることができます。その結果、治療期間の短縮にもなります。

オルソアンカー(矯正用インプラント)

− 難症例にも有効な矯正治療

インプラント(チタンの人工歯根)を歯の裏側の部分に埋め込み、それを固定源として歯を移動させる方法です。従来、ワイヤーだけではできなかった難易度の高い矯正治療ができるようになりました。
たとえば、激しくガタガタがある場合、歯を抜かなくては治せないものがインプラントを使うことで抜かずに治せるようになったり、顎の骨の大きさが左右で著しく違う場合、手術をしなければ治らなかったものが手術をしなくても大丈夫になるなど、応用範囲が広がっています。
これは、必要な場合と必要ではない場合とがあります。それぞれの状態によって選択していきます。
詳しいことは、矯正担当医にお聞きください。

  • スクリュータイプ
    歯を失った際に使用するインプラントと異なり、矯正用の小さなネジ(スクリュー)の形をしたタイプのインプラントです。
    *
  • プレートタイプ
    スクリュータイプよりやや大きめのプレート型のインプラントです。スクリュータイプより大きな力に耐えられます。
    *
後戻りを防ぎ、長期にわたり
正常な咬み合わせを

リテーナー

− 治療後の状態を安定させる保定装置

*

矯正治療を終えたばかりの歯は動きやすい状態にあります。そのため、せっかく治療を終えても矯正装置を外すと徐々に元の乱れた歯並びに戻ってしまうことに…。それを防ぐための装置がこのリテーナー(保定装置)です。
治療後の歯並びを安定させるほか、咬み合わせの微調整にも役立ちます。個人差はありますが、装着期間としては1〜3年程度、矯正治療にかかった期間と同程度かかります。初めのうちは食事以外は常に装着し続ける必要がありますが、ある程度安定してきたら、就寝時のみ、数時間のみ、数日に一度…と、医師の判断により徐々に装着頻度を減らせられます。
取り外し可能なため、通常通りの食事や歯磨きを行えるほか装置の清掃もしやすく、清潔に使用していただけます。

  • 症例実績集
  • 料金表
ページの先頭へ戻る