メンテナンス

努力しない人は
たくさんのものを失います

望月デンタルクリニックの
メンテナンスの特徴

普段の歯ブラシだけでは取れない細菌を、専用器具を用いて除去し、皆さんが気が付かない口腔内の状態をチェック・管理させて頂きます。

  • 1.患者さん個々の口腔内環境に合わせたオリジナルメンテナンスプログラムの実践
  • 2.適切な口腔衛生指導と効果的な口腔清掃器具の紹介
  • 3.細菌を短時間に効率よく除去するための専用機械の使用
  • 4.天然歯、修復歯に傷をつけず細菌のみを除去する技術
  • 5.肉眼で確認できないものは顕微鏡を用いて除去、日本顕微鏡歯科学会の認定歯科衛生士も在籍
  • 6.口の中の状況をわかりやすく説明する設備
  • 7.口腔内の変化をデーター管理します
  • 8.口腔内環境のバランスを効率よく整えます
  • 9.変化し続けるかみ合わせのチェックを行います
*

予防を意識していますか?

お口をキレイに保つことは、口腔内の病気を予防するだけでなく、病気にならない体づくりにも繋がります。
我々歯科医療従事者は口腔内で起こる病気の予防法を知っています。
これを実践していただければ、一生ご自身の歯を失わずに生活することは十分可能です。しかし、これが達成できる人は、日本においてはごくわずかです。
これにはいくつかの理由が存在します。

  • 歯医者は痛くなったら行くところだと思っている
  • 患者さんが口腔内で起きる病気の原因を知らない(原因のわからないものは予防のしようがない)
    残念ながら歯科医師の数だけ診断力は異なる
  • 日本人は諸外国の人より口腔内の健康管理に対する関心が低い
  • 日本人は歯のメンテナンスのために定期的に歯科医院を受診する習慣がない
  • 日本の保険制度は病気に対してのみ適応され予防処置では適応されていない

口の中の汚れを取るのは皆さんが思っているよりも難しいものです。だからこそ、歯科医院にてご自身の口腔状態を知り、歯石取りやクリーニングなどのプロによるケアと、歯みがきなどのセルフケア指導を受けることが重要です。
歯みがきの仕方がよくわからない、口臭が心配、健康維持の仕方がわからない、入れ歯にはなりたくない、など…様々な悩みや不安があると思いますが、まずはお口のプロである我々にご相談ください。

病気を起こす3大原因

  • 口腔内常在菌の増殖

    *

    口の中は数百種類の細菌が常に生息しており、この細菌を病気を起こさない数に常に保っていることが重要です。そのためには、患者さん個々の口腔内環境によるリスク評価を歯科医院で受けて、ご自身で把握しておく必要があります。

    リスク評価の一つとして「プラークコントロールレコード(以下、PCR)」と呼ばれるものがあります。口腔内の歯垢を染めて、歯ブラシによる清掃がしっかりできているかを検査・記録するための指数で、%が低いほど良好な清掃状態であるといえます。

    歯周破壊へのロードマップ

    ※歯周病菌の必須栄養素である血液中の鉄分とタンパク質によって、歯周病の主な原因菌である「ポルフィロモナス・ジンジバリス(P.gingvalis)」という歯周病原性細菌が増殖する

  • かみ合わせ

    *

    歯と歯が長年ぶつかることによって擦り減ったり、ひびが入ったりと歯は消耗していきます。特に歯ぎしりなどの強い力を継続的に受けると、突然、ひびが入りそこに細菌が侵入して病気を引き起こす事があります。

  • 不十分な治療による再発

    *

    病気を治した履歴のある場合、この部位は天然歯より様々な点において再発のリスクが高くなっています。治療が必要になったときは最小限の侵襲(なるべく削らない・抜かない)で、再発のリスクの低い自由診療による精密な治療を行う必要があります。

平均寿命と健康寿命の差

高齢化 → 幸齢化へ

高齢化社会を迎え、現在は今まで以上に歯が抜けないように長い期間維持させなくてはならなくなりました。従ってより長持ちする歯科医療を行わなくてはなりません。
現在日本の平均寿命は世界的にみても伸びていますが、寝たきりの期間を増やすのではなく健康寿命を延ばし、人として質の高い生活を生涯送れるようにするためには、健康な歯を失うことは避けなければならないことであります。口の中の健康は当たり前のように存在するのではなく、皆さんの努力次第で維持し続けることも、失うこともできるのです。

*

この限りある財産を守り続けられるよう、継続したメンテナンスを受ける習慣を是非身に付けてもらいたいと思います。
当クリニックが行っている予防処置は、乳児期から予防のために定期的な歯科メンテナンスに通う習慣があり、一般の人でも歯科医療従事者の間でも歯科医療の前提は予防であることが社会的に浸透している北欧がモデルになっています。
メンテナンスを行うことにより、一生涯にわたって大きな病気を回避することに成功している国です。

*

北欧の歯科現状

北欧は政府から十分な資金が歯科保険にかけられており、1960年初期から、児童・生徒への定期的なフッ化ナトリウム洗口や歯磨き技術指導に始まる「総合歯科予防ケア」が行われています。
具体的には個々のリスク予測指標を使って、0~19歳の若い患者には齲蝕(虫歯)予防や口腔衛生指導を行い、歯科治療・矯正治療を無料で受けられます。※20歳からは有料
病気が発生するリスクが高い若い頃から、歯科医院にて十分な歯科指導を受けていることに加え、定期的なメンテナンス習慣が身についており、健康な歯を持つことによって将来的に得られる利益をしっかり理解しているのです。

歯を健康に保つことで得られる利益

  • 1
    人としての栄養補給を
    口から効率よく行える
  • 2
    食事に不自由がない
  • 3
    普通にしゃべれる
  • 4
    口臭を防げる
  • 5
    高血圧・糖尿病などの生活習慣病を予防することができる
  • 6
    認知症・骨折などの
    全身疾患を予防する
    ことができる
  • 7
    病気のための通院に時間を割く必要がなくなる
    (一日から数年)
  • 8
    「治療」にかかるお金が必要なくなる
*

当クリニックの
メンテナンスメニュー

患者さん個々のリスク評価を歯科衛生士より報告させて頂き、それぞれに最適なメンテナンスプログラムを作成します。

案外難しい、口の中を
キレイにすること

テクニックと
専用機器によるプロケア

− 質の高いメンテナンスを実現

*

専門のトレーニングを受けた歯科衛生士が、メンテナンス専用またはそれに特化した機能を持つ機器を用い、口腔状態に適したクリーニングや歯石除去を行います。

  • 歯面清掃器:エアフローS1
    色素沈着や小さな隙間・奥に付着したプラーク(歯垢)を、専用パウダーと超微細なウォータースプレーによって徹底除去します。 詳しくはこちら ▶
  • 多目的超音波治療器:P-MAX+
    超音波の力とメンテナンスに適したチップ(先端)・モードにより、歯面だけで無く歯ぐきに埋まっている歯根に付着した歯垢や歯石まで徹底除去。 詳しくはこちら ▶

その他にも質の高いメンテナンスをご提供するために、充実機器を多数取り揃えています。

視野拡大による超精密メンテナンス

− 肉眼では不可能な精密メンテナンスを細部まで

*

当クリニックではメンテナンスにもマイクロスコープ(歯科用顕微鏡)やルーペ(拡大鏡)を使用しています。
そうすることで、小さな変化も見逃さない、超精密なメンテナンスが可能となります。

日本顕微鏡歯科学会
認定歯科衛生士JAMD CERTIFIED DENTAL HYGIENIST

当クリニックには、長野県内で1人目の日本顕微鏡歯科学会(JAMD)認定の歯科衛生士が在籍しています。
専門的な知識・技術を活かし、マイクロスコープを用いた精密かつ高度な予防処置を行います。

JAMD
*

タンパク分解型
除菌水を活用

− ブクブクうがいするだけで汚れが取れるお水

ブクブクうがいで殺菌・洗浄

当クリニックでは、塩と超純水を専用設備により電気分解することで生成される「ポイックウォーター」を、治療時や洗口の際に活用しています。ポイックウォーターは、殺菌効果を持つ「次亜塩素酸」と、タンパク分解能力を持つ「次亜塩素酸イオン」で構成されている、タンパク分解型除菌水です。
私たちが歯磨きで落としたい「歯垢」という汚れ、実はタンパクの膜(バイオフィルム)に覆われていて、その中に細菌の塊が存在します。
普段私たちが行ってる歯磨きでは、この歯垢を機械的に破壊しお口の中の細菌を減らしています。ご存知の方も多いと思いますが、そもそも虫歯、歯周病は細菌感染によるものですからこの歯垢の付着を出来るだけ減らしお口の中の細菌数を減らさなければならないのです。この歯垢、実は結構厄介で頑固です。たくさん付着しているとなると、私たちが専用の器械を使ってでも完全に取り切るのはとても大変です。毎日歯垢と戦っていると言っても過言ではありません。
しかし、このタンパク分解型除菌水はお口の中へ入ると、まず次亜塩素酸イオンが歯垢のタンパクの膜を破り、続いて次亜塩素酸が細菌に直接アタックします。つまり汚れを洗い流し、殺菌まで成し遂げるのです。
市販されているマウスウォッシュには、薬品による殺菌効果などがあっても、タンパク分解能力はありませんので歯垢除去効果は無いに等しい
のです。これが大きな違いです。(歯磨きと併用したりするにはとても良い補助アイテムです。)

位相差顕微鏡で見る、
ポイックウォーター使用後の変化

お口の中の細菌は顕微鏡で拡大し見ることが出来ます。
写真:左の画面いっぱいにいるのが全て細菌です。この細菌を減らさないことには、虫歯も歯周病も予防できません。
写真:右はポイックウォーターで洗口後です。細菌がほとんどいないことが確認できます。お口の中の細菌が減るということは虫歯・歯周病予防になります。

*
  • *
  • *

※日本補綴歯科学会2015年発表資料より/岡山大学歯学部名誉教授 山下歯科医院 山下敦 院長

ポイックウォーターの使い方と、他洗口液との比較
*
  • 1.専用ボトルのキャップに線があるので、そこまで除菌水を入れます。(5~10㏄)
  • 2.お口の中にすべて入れ強めに20秒間ブクブクうがいします。すると汚れていればいるほどプール臭がします。(これはクロラミン臭といってタンパクを分解する時に発生する臭いです。)
  • 3.出来れば除菌水を含んだままブラッシングをします。(多くの汚れがブクブクうがいだけで除去されていますが、残りの浮いた汚れを取り除きます。)
  • 4.お口をお水ですすいで終わりです。
歯垢を染め出し、ポイックウォーターで洗口

写真を見てわかる通り、洗口しただけでかなり歯垢が除去出来たことがわかります。
残りの歯垢も浮き上がっている状態なので、簡単に除去することが出来ます。

*

ちゃんと歯磨きしたいけど、朝どうしても忙しい、夜は眠いし…などお悩みを聞くことも多々あります。このタンパク分解型除菌水が、皆さんの毎日の手助けとなってくれるかもしれません。
お口の中の汚れがこれだけ取れるということは、虫歯・歯周病予防になりますし、口臭予防にもなります。
実際使ってみないと実感出来ないことですので、ご希望の方は体験していただくことが可能です。詳しくはスタッフまでお声掛けください。

セルフケアのサポート

− ご自宅でのケアを正しく、より効果的に

*

歯科医院にてプロによるケアを受け、せっかくお口がキレイになっても、ご自宅での普段のケアを疎かにすると、あっという間に汚れが蓄積されてしまいます。予防を効果的に行うためには正しいセルフケアが不可欠です。
当クリニックでは、その人に最適なブラッシング方法を指導するだけでなく、歯磨きをより効果的に行えるケアグッズ・サポートグッズのご提案、食事などの生活習慣に関するアドバイスをさせていただきます。

オススメのケアグッズをご紹介
予防歯科先進国スウェーデンで広く使われている
歯ブラシ・歯間ブラシ
「TePe(テペ)」
*

スウェーデンの大学をはじめ、世界の歯科医師・歯科衛生士の協力のもと作られているテペ社の口腔ケア用品は、現在では世界60以上の国々で活躍しています。
テペの歯ブラシには、以下のような特徴があります。

  • 奥歯に届きやすいヘッドの形状

  • 密集したコシのあるブラシには、独自の特殊製法によって歯と歯肉に優しいラウンド加工が施されている

  • 人間工学に基づいて設計された、どんな方にも持ちやすいハンドル

*

歯周病や虫歯の予防には、歯間部のクリーニングも重要です。テペの歯間ブラシは、持ちやすいハンドル、コーティングによって歯面に優しいワイヤーが特徴的。ブラシが通常よりやわらかいタイプや、奥歯に適したタイプ、歯間ブラシが初めての方にも使いやすいタイプなど、豊富な種類を取り揃えていますので、あなたにピッタリのケアグッズに出会えることでしょう。

テーラーメイド型 電動歯ブラシ
「フィリップス ソニッケアー」
*

1分あたり約31,000回の高速振動、ブラシヘッドの幅広い振幅が可能にする、メーカーの独自開発「音波水流」によって、早く・簡単に・しっかり歯垢を除去することができます。
特徴として、以下の3つの効果があります。

  • 歯垢除去力最大10倍(※1)、音波水流が歯のすき間の歯垢まで除去し、歯周病予防に効果的!

  • 手磨きの約50%のブラシ圧で、歯と歯ぐきにやさしい(※2)

  • 約一週間で、手磨きよりキレイで自然な白い歯に(※3)

搭載モード、強さ、付け替えられるブラシの種類が豊富にあるため、口腔内状況やニーズによって最適な歯磨きを行うことが出来ます。歯科医師・歯科衛生士が、要望を聴きながら専門的な知識であなたに最適な仕様をご提案する、大切な人のために特別に仕立てる”テーラーメイド”製品です。

  • ※1アダプティブクリーンブラシヘッドを使用時/手磨きと比べ/Milleman J, Milleman K, Argosino K, Mwatha A,Ward M, Souza S, Jenkins W, Data on file, 2014
  • ※2ダイヤモンドクリーンブラシヘッド使用時/2010年Moore氏らの調査に基づく。実験的研究における効果。実際の口内での効果は異なる場合があります。
  • ※3ダイヤモンドクリーンブラシヘッド使用時/2010年Colgan氏らの調査に基づく(個人差があります)。
タンパク分解型除菌水を活用した
「ポイックホームケア」
*

前項目でご紹介したタンパク分解型除菌水「ポイックウォーター」を、院内だけでなくご自宅でのホームケアにもご活用いただける「ポイックホームケア」。洗口液としてうがいするだけで、除菌と洗浄を同時に行います。
他にも、歯や歯肉を強化する働きのあるポリリン酸が主成分の口腔ジェル「オーラループフォープラス」も併用して、虫歯・歯周病・口臭を予防しましょう。

POICホームケア
アドバイザー POIC HOMECARE ADVISER

当クリニックには、ポイックウォーターを開発したPOIC研究会が認めるホームケアアドバイザーという資格を取得したスタッフが在籍しています。
講習会、検定を受け、ポイックウォータに関する正しい知識や活用法を身につけています。

デンタルノート

− 自身のお口に対する関心を高める記録帳

当クリニックでは、ご希望の方に「デンタルノート」を処方しています。
デンタルノートとは、ご自身のお口が現在はどんな状態なのか、どんな治療を行ったのか、何が必要なのか、今後どのように進めるのか、といったことをお家でも確認できるよう、その日行った診療内容や口腔状態、担当者からのメッセージ、次回の予定などを記入したノートです。歯について知っていただきたい情報も記載されており、お子さん用のノートはお子さんの歯の成長記録としても活用していただけます。
治療前後、現在と過去の比較もでき、ご自身のお口に対する関心を高められるはずです。

自分の歯を守ることで
自分の大切な将来を守りましょう

歯科受診を面倒くさがるのはやめて、トラブルが起きる前に定期的に訪れる習慣をつけるのはいかがでしょうか。80歳の自分が健康で、美味しく食べ、最後まで楽しく笑っていられるための、ちょっとした投資です。定期検診の習慣を持つだけでその後の人生が大きく変わります。
メンテナンス後のお口の中はすっきりとした爽快感を感じることができるでしょう。
皆さんも是非体感していただきたいと思います。

*
ページの先頭へ戻る