祝長野県初日本顕微鏡歯科学会認定衛生士合格

こんにちは、院長の望月です。

この度当クリニックの衛生士が顕微鏡歯科学会の認定衛生士試験に合格しました。

学会所属2年(学会参加)、筆記試験、動画によるケースプレゼンテーションをクリアし、

長野県では初の認定衛生士です。ここまで来るのには普段の臨床から

顕微鏡をルーティーンに使用しスキルを磨き、

自分の手足のように使いこなすのにとても頑張っているのを見てきました。

現在、顕微鏡を歯科に応用することは珍しくなく、導入している医院は増えていますが、

持っているのと実際使いこなしているかは全く別の事であり、使えている医院はほとんどないと思います。

歯科医師でさえ使いこなせていないのに衛生士がこれだけ使っているのは全国でもまれではないかと思います。

顕微鏡を使用することで患者さんが得られる利益はとても大きく、

当クリニックではこれがなくては診療になりません。

歯科治療を肉眼で行う時代はもう終わりました。

患者さんの限りある歯を守るためにドクター、衛生士が同じ目線で

さらに質の高い診療を目指していきたいと思います。

ページの先頭へ戻る