グラディアによる精密補綴3

【主訴】以前治した部分が黒くなって汚いので治したい
来院回数:2回
合計費用:22,000円(税込)×7  144,000円
担当医:望月
【術前】

【治療内容】

健康保険適応プラスチックを生え際に充填されているが適合不良、患者のプラークコントロール不良によって多数歯齲蝕が発生している。

歯科用顕微鏡下でう蝕と古いプラスチックを除去し保険適応外のプラスチックを丁寧に再充填した。

【術後】


【リスク・注意点】

生え際のプラスチック充填は精密な適合を得るのが非常に難しく、再発しやすいので患者のプラークコントロールが非常に重要である。

また異常な咬合力によってヒビが入りやすい部位であるためその場合、夜間のマウスピース装着が必要になる。

ページの先頭へ戻る