全顎治療

【主訴】以前治した歯が取れて噛めない。

来院回数:2年

合計費用:4,412,000円(税込)※平成20年度の料金

担当医:望月
【術前】

 

【治療内容】

以前治療された部位に再発したう蝕の除去、保存困難歯の抜歯を行った。

全顎的に総合治療を行った。深いカリエスには歯周外科を行い、欠損部にはインプラントを用いた咬合再構成を行った。

う蝕の再発を防ぐために精密なセラミック修復物(メタルボンド)を装着した。

 

【術後】

 

 


【リスク】

今までの修復履歴から患者のプラークコントロールの不良、対象療法的な治療精度がみられる。

どんなに精密修復を行っても口腔内には常に細菌が存在し、強い力がかかり続ける環境は一生変わらないため、

術後の口腔内の長期安定を得るためには質の高い患者のプラークコントロール、クリニックでの継続的なメンテナンスの受診が必要である。

現在、このメタルボンド(中身は金属で、外から見える部分にのみセラミックを貼り付けた被せ物)での治療は当院では行っておりません。

現在ではセラミック単体での被せ物、1本165,000円が適応になります。

ページの先頭へ戻る