精密根管治療 -感染根管症例5-

【主訴】 他院で根管治療を行っており、その際歯肉の外から直接歯の内部を削られ、怖くなったため治療の継続希望
来院期間:1回の治療(1~2時間) 4か月半
合計費用: 380,600円

マイクロエンド 187000円/ファイバーコア 22,000円/仮歯 6,600円 /セラミック冠 165,000円(全て税込み)
担当医:望月

【術前】

診査の結果、根分岐部に歯槽骨から削った穿孔部があり周囲にも根尖性歯周炎が起きており、

感染と外傷により痛みが生じていた。

【治療内容】

充填剤を除去し穿孔部にMTAにて封鎖を行った後に根管拡大、洗浄を行い症状の消失と

レントゲンの反応を確認してから根管充填を行った。

一部根尖部で穿痛していない根管があったため炎症の拡大があった際は外科的対応をすることとし、

細菌が再侵入しにくいセラミックスを装着してから治療を終了した。

【術後】

処置後数日で痛みは消失した。

歯肉穿孔部も再生し、根尖周囲もレントゲン的には病気の進行は見られていない。


【リスク・注意点】

穿孔部、未穿通部などから細菌の増殖が起きる可能性があり、再切削による歯質の縮小からの破折の可能性がある。

ページの先頭へ戻る