保険診療と自由診療の違い

私たちは、すべての患者さまに最も良い治療を提供できることを理想としています。
しかし残念ながらすべての治療が保険でできるわけではありません。
保険診療の適応の範囲外の材料や技術を使う治療を自由診療といっています。

  • 保険診療
    すべての人の健康を守るために、病気になった時、国が健康保険適応診療と認める範囲内で行う、日本独自の診療です。
    *
  • 保険診療
    より快適に、より良いものを求める方のために、保険適用外の材料や技術を使う診療です。生体親和性に優れ、高い精度を追求できます。
    *

自由診療 料金表

税込価格

精密検査
顔写真、口腔内写真 ¥5,500
研究用模型作製、
咬合器付着
¥16,500
ワックスアップ
シミュレーション
¥3,300/1歯
デンタルX線撮影 ¥11,000
セファロX線撮影 ¥11,000
CT撮影 ¥5,500/片顎
精密歯周組織検査 ¥11,000
顎運動測定
(アキシオグラフ)
¥22,000

*すべて行うわけでは無く、患者さんの要望・状態により、必要に応じて実施検査を選びます

税込価格

精密根管治療

マイクロエンドドンティックス
(顕微鏡を使った歯の神経の治療)

歯髄炎
(抜髄)
¥77,000
¥110,000
¥132,000
*ラバーダム・隔壁代・投薬代含む
根尖性歯周炎
(再治療)
¥99,000
¥132,000
¥165,000
*ラバーダム・隔壁代・コア材除去・投薬代含む
¥11,000
¥33,000
¥22,000
¥110,000
¥44,000
¥33,000
仮歯 ¥11,000
¥6,600

税込価格

精密補綴治療(詰め物・被せ物)
奥歯の詰め物
(インレー)
歯の一部を削り、そこに人工の詰め物をし、天然の歯と同じように治す方法です。
¥16,500~49,500
¥66,000
¥66,000
¥55,000
*アンレーの場合は、+¥16,500
被せ物
(クラウン)
歯の全体を削り、人工の被せ物で歯を保護し、天然の歯と同じように治す方法です。
¥165,000
¥143,000
ブリッジ 歯を失ってしまった場合、両隣の歯を削って治す方法です。
¥176,000
¥165,000
ラミネートベニア 歯の表面を薄く削り、シェル状のセラミックを歯に付けて治す方法です。
¥143,000
仮歯 ¥11,000
¥6,600
ワックスアップ ¥3,300

*上記はすべて、1本の歯での価格です。

税込価格

歯周外科治療
フラップ手術 ¥22,000/1歯
歯周組織再生療法 ¥55,000/1歯
歯周形成外科 ¥44,000/1歯

税込価格

インプラント
検査・診断料
¥55,000/片顎
1次埋入手術 ¥231,000/1歯
サージカルガイド ¥60,500
¥77,000
¥110,000
2次手術 手術料、レントゲン撮影、薬代
¥132,000/1歯
¥77,000/1歯
仮歯 ¥33,000
¥33,000
上部構造 ¥88,000/1歯
オプション ¥66,000
¥33,000~110,000
¥165,000
¥330,000
¥22,000
¥33,000
消毒代 ¥600
1ヶ月クリーニング代 ¥1,100
ALL-ON-4治療
検査・診断料
¥55,000/片顎
治療用義歯 ¥55,000/片顎
インプラント手術 ¥1,650,000/片顎
上部構造 ¥2,200,000
¥1,540,000
オプション ¥66,000
¥33,000~110,000
¥110,000/1本
¥165,000
インプラント入れ歯(下顎)
検査・診断料
¥55,000/片顎
治療用義歯 ¥55,000/片顎
1次手術 ¥220,000/1歯
サージカルガイド ¥77,000
2次手術 ¥55,000/1歯
上部構造 ¥440,000
オプション ¥66,000
¥33,000~110,000
¥22,000
ロケーターのゴム交換 ¥6,600/1個
義歯の修理(床の交換) ¥55,000

税込価格

ホワイトニング
オフィスホワイトニング ¥39,600
タッチアップ ¥12,100
ホームホワイトニング ¥56,100
スーパーホワイトニング(オフィス+ホーム) ¥79,200

税込価格

矯正治療
成人矯正治療
矯正相談料 ¥2,200
検査・診断料 ¥66,000
¥22,000
治療費(矯正料金)
表側からの装置
¥770,000
¥770,000
調整料 ¥5,500/1回
保定装置料 無料
(破損の場合は¥22,000)
オプション ¥33,000/1本
¥110,000/1枚

*歯の抜歯、あるいは矯正治療期間中に生じたむし歯などに対する治療費は金額に含まれていません。

小児矯正治療
矯正相談料 ¥2,200
検査・診断料 ¥55,000
¥22,000
治療費(矯正料金) ¥385,000
調整料 ¥4,400/1回
小児矯正から成人矯正に移行する場合の治療例
永久歯に生え変わった後、本格的な矯正治療(成人矯正)に移行した場合は、成人の矯正料金の差額分をお支払いいただきます。
  • 成人矯正:¥770,000
  • ー小児矯正:¥385,000
  • 差額分:¥385,000

*歯の抜歯、あるいは矯正治療期間中に生じたむし歯などに対する治療費は金額に含まれていません。

税込価格

予防歯科(メンテナンス)

患者さん個々のリスク評価を
歯科衛生士より報告させていただき、
メンテナンスプログラムを作成します

メンテナンス
プログラム例
  • ¥7,000(1時間)
  • 3ヶ月に1回を推奨
オプション 保険適応

*口腔内の状態によってメンテナンスが1時間で施術完了しない場合は、+30分毎に3,500円かかります。

自由診療(自費診療)を受けられた方は、デンタルローンをご利用いただけます。
医療費控除について

医療費控除とは、自分自身や生計をともにする家族のために医療費を支払った場合に受けられる、一定の金額の所得控除のことです。高価な材料を使用することが多い歯の自由診療は、高額な治療代になる場合があるため、医療費控除の対象となります。
毎年1月1日〜12月31日に支払った分を翌年3月15日までに確定申告をすると医療費控除が適用され、税金が還付されます。医療費控除の対象となる金額は、次の式で計算した金額(最高200万円)です。

医療費控除額(最高200万円)=(支払った医療費の額ー保険金などで補てんされた額)ー10万円※ ※所得金額の合計が200万円未満の人は、所得金額の5%になります。

医療費控除額(最高200万円)
=( 支払った医療費の額 ー 保険金などで補てんされた額 ) ー 10万円

※ 所得金額の合計が200万円未満の人は、所得金額の5%になります。

例) 課税所得金額が500万円の人の場合、扶養家族である子供の矯正治療費に年間90万円かかったならば、
「医療費控除額=90万円ー10万円=80万円×税率30%=24万円
つまり、矯正治療に費やす費用は実質、90万円ー24万円=66万円で済んだことになります。
医療費控除の税率と医療費の軽減額はこちらの表をご覧ください。

ページの先頭へ戻る